インプレ

GARMIN ForeAthlete 745 レビュー

GARMIN ForeAthleteシリーズと言えば、

言わずと知れたランナー御用達のスマートウオッチ。


しかし、隠された「隠しては無いw)機能

サイクリストにこそ優秀すぎる機能の多い

良スマートウオッチなので紹介します。

ForeAthlete745とは

上記でも書いたけど、ランナー御用達のスマートウオッチ。

正確にはランナーからトライアスリートに向けた製品のようです。(右の添付写真にもサイクリストの文字は出てこないww)

日々のトレーニングを記録し、

リカバリーアドバイスやレース予想タイム、メール通知等

言い出したら切りがない程の機能があります。詳しくは、直接サイトにて。

ForeAthlete 745 | ウェアラブル | 製品 | Garmin | Japan | Home

今回は、ForeAthlete745の良さとサイクリストにこそ

知って欲しい情報にフォーカスします。

ForeAthlete745おススメポイント

BODY BATTERY機能は面白い

日々生活していくと、トレーニング以外でも疲れるしストレスも貯まる。

そんな、トレーニング以外の効果も加味して表示してくれるのがBODY BATTERY機能。

適当に数値を出しているかと思いきや、

先日風邪を引いた時全然数値が回復してないのを見て驚いた。

同じチームに所属しているメンバー曰く300km強者と走った時は

翌日1桁から抜け出さなかったとかそうだったとかww

【ガッツが足りない!】GARMIN ボディバッテリー(Body battery)仕組みとポイント紹介だよ疲労を手軽に管理したい! 仕事等スポーツ以外も含めた疲労を知りたい! ガチトレーニングでも利用したい!そんな、あなたに答えるボディバッテリーの魅力記事ですw...

音楽再生機能が便利

ライドで聞いたりはしないが、掃除や洗濯家事をしている時に

スマホ置きっぱなしで曲を操作出来るのはお手軽。

筆者はローラーしながら音楽鑑賞中、汗で反応しないスマホではなく

ForeAthlete745のボタンで曲の操作を行ってますww

光学式心拍計の精度が上がった

以前ForeAthlete235を使用していたのですが、当時より精度が上がった気がします。

初期動作と上振れがMY心拍ベルト比較で以前より近い数字を出しています。

メールも見れるしSuicaにも対応

mailを見れる機能は職種により重宝すると思います。

私の営む仕事は職種の性質上mailを確認しづらい為、時計で内容を見れるのは有難い。

腕時計suicaは使った事ない機能ですが、

以前都心で3年暮らした経験で想像すると、

駅改札で時計タッチ出来るのは財布の取りだす手間がなくて良さそうですね。

これが本題!ForeAthlete745はサイクリストにこそ付けて欲しい!

サイクルコンピューターEdge530の機能はほぼ使用できる。

コンパクトな見かけによらず、中身はしっかりしているForeAthlete745。

スピード計測やケイデンス把握は勿論、

サイクリングダイナミクス、

Shimano Di2とも接続できる。

個人的にはスマートトレーナの負荷調整が手元で出来るのは大きい。

これが一番伝えたい!パワーメーター表示が出来る。

これが上位を狙うサイクリストに取って大きい。

通勤とローラー、チーム練習等日々トレーニングを積む場合、

腕にある時計型の直ぐにGPS起動が出来て、

パワー計測 TSS(トレーニングストレススコア 疲労の数値的なもの)を

計れる手軽さは大きい。

通勤もTSSが30を超えるようなら、

ワークアウトメニューに響いてくるので重要。

まじで、どこでもワークアウト環境にww

手軽さ=継続性。

地味に便利!心拍転送がBluetoothでも出来る。

昨今Bluetooth通信が普及され始めて居ますが2021年5月現在、

新商品を除きAnt+のみの転送やそもそも心拍転送が無い

又は他社製品への転送不可が多いです。

その点、ForeAthlete745は両方の信号を送信可能。

複数のガジェット持ちの方や、スマホ転送の方の悩みが解決。

心拍ベルトつけるのめんどくさい方にも良仕様だと。

コスパが良い

サイクルコンピューターEdgeの機能にランニング機能も追加されて、

お値段数千円差は安いと思います。

(ForeAthlete745 ¥44.800     Edge 530 ¥37.800)

GPSもみちびきとGLONASSで精度も立ち上げりも早い。

サイクルコンピューターとして使うのならマウントを使わず、

ハンドルかステムに巻くとお手軽にサイクルコンピューターへと早変わり。

しかし、こんなデメリットも

画面が小さい

腕時計型の中では液晶が大きい部類でも、

サイコンのEdgeシリーズには負けます。

ただ、表示画面分割で、自身が見たいものをピックアップすれば

ある程度はカバーされると思います。

表示数が極端に多い方には厳しい。旧モデルより解像度は上がった分、

以前より見やすくはなりました。

アップルウオッチほどサクサクでもなく、画質は良くない。

これは求めている物の問題だと思いますが、

「CPU」「液晶」「記憶領域」はアップルウオッチや

その他一般向け高級スマートウオッチには敵いません。

しかし、それを補って余る機能はあります。

アスリートに取って本当に必要な機能は揃っています。

魔都目(まとめ)

デメリットもメリットと同じ位書こうと思いましたが、

余り見当たらない優秀なスマートウオッチです。

ランナーにも優秀な製品ですが、

自分はサイクリストにも数ある製品でも突出して優秀だと思います。

(そこまでプロモーションされてないのが不思議な位w)

何度も言いますが、
どこでもスグにパワーメター計測は神機能ですwww

それと、上では触れてませんが、電池の持ちもそこそこ良いです。

(筆者は1日2時間通勤でGPS起動し4日は無充電で持ってます

「差異はあると思うので参考程度に」)

ホントに強くなる為に必要な機能は揃っているので、

気になる方は購入して感想を共感したいですな(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA