【サイクリングアプリMyWhooshとは?】使い方・登録・ポイントを解説(ZWIFTとの比較あり)|おがくずブログ【ロードバイクのブログ】
Zwift
PR

【サイクリングアプリMyWhooshとは?】使い方・登録・ポイントを解説(ZWIFTとの比較あり)

おがくず
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ZWIFTのライバルになるかもしれないアプリ
MyWhoosh(マイウーシュ)。

  • 画質がキレイ
  • 無料でプレイができる
  • 無料だけどワークアウトは720以上

等々、良好なポイントが上記以外にもたくさんあります。

良好なポイントと気になった箇所、
ZWIFTとの比較を所感交えて解説します。

無料サイクリングアプリをお探しの方

indieVeloというアプリもオススメです。

実際のサイクリング体験に重点をおいた作りになっています。
尖った仕様なので相性はあると思いますが、
一度試してみる価値はあります。

MyWhooshを選ぶ理由を解説

無料です

現在のところ無料でプレイできます。

レースによっては実際の賞金も?

レースによっては実際の賞金が発生するようです。

賞金が発生するイベントはデュアルレコードが必要

MYWHOOSHの設定画面右側にはデュアルレコードがあります。
賞金が発生するイベント等で必要になるようです。

翻訳がオカシイのはお許しください

画質がキレイ

画質はリアルです。
ZWIFTとは違った没入感を感じる事ができるかもしれません。

ただ、リアルなのかスピード感はZWIFTが高い気もします。
この辺りやり込めば変わってくるかもしれません。

ZWIFT同様フレームやホイールの選ぶ楽しさがある

ZWIFT同様フレームやホイールに性能差があります。

エアロと重量が設定されています。

実在のフレームやオリジナルもあります。

斜度のフィーリングは悪くない

ZWIFT同様勾配によってスマートトレーナーの負荷が変わります。
変化の具合も違和感はありません。(鈍感なだけだったらすみません)

画面右上斜度表示画面にZONEという項目があります。
パワーゾーンの表記ですが、
トレーニング思考の方には有り難い表示ですね。

アバターは変更可能

アバターは

  • ジャージ
  • ヘッドギア
  • シューズ
  • ソックス
  • グローブ
  • サングラス

から、着用物を変えることができます。
合わせて輪郭やヘアースタイルヒゲも変える事ができます。

ワークアウトは720以上

ワークアウトは720以上から選ぶことが出来ます。
選択も個人的に選びやすいと感じました。

無料でココまで選べるのは有り難いですね。

画面下でERGの設定や停止、出力設定を行います。

コチラはトレーニングあとの画面

リアルな世界のコースを選択

世界中に実在するルートから選択できます。

各世界からコースを選択して、
各地のルートを選択することができます。

ルートの数も各地でバラバラですが10以上あるので、
自身が求めるルートを探すのは容易です。

世界地図から選択します
STRAB各地ルートはたくさんあります

リアクションが良い

こちらもZWIFT同様リアクションを取ることができます。

個人的にはリアクションのスタイルはMYWHOOSHの動きは好感もてます。

一人なので出来ませんでしたが標準でボイスチャット出来るかもしれません。

画面右下にマイクボタンがあります。

初代ipadproならサクサク

筆者2015年発売のiPad proを使用しています。
ZWIFT同様サクサクと動きました。

推奨スペックは後述しますが、
ZWIFTより性能は要求されます。

因みに最小スペックはiPad pro3以降です。

それでもサクサクです。

古いPCだとサクサクとした動作は難しいかもしれません。

あさると君
あさると君

下にZWIFT推奨スペックものせてるよ。
画像の負荷が少ない分ZWIFTはスペックを抑えられそうだよ。

コチラ参考にイベントライドをビューモードで。切り替えもサクサクです。

STRAVA等アプリと連携できる

現状

  • STRAVA
  • Today`s plan
  • TrainingPeaks

上記と接続できます。
接続方法は後述します。

ステアリング機能があります

ipadの場合は画面左右をタッチすると、
アバターを左右に動かせます。
(PCの場合はカーソルかもしれません)

ソロだと余り関係ないですが、
レースだと戦略に関わってくるようです。

あさると君
あさると君

道路交通法遵守で反対側のレーンに行くことが出来なかったよw

UCIサイクリングeスポーツZWIFTからMyWhooshへ

MyWhooshは2024年から3年間UCIのeスポーツ主導権を獲得しました。
今後どのように拡大していくのか楽しみですね。

レースは楽しい?

レースについては別記事で詳細に解説しました。
ZWIFTとの比較もあわせて下記を御覧ください。

MyWhooshを触って気になったポイント

ログがみずらい

STRAVA等連携前提なのか現状ZWIFTのようにログを手軽に見ることはできません。
データを一度ダウンロードして開く必要があります(fitファイル、jsonファイル)

電池の減りが早い

ZWIFTだと2時間ワークアウトで100→60%

MYWHOOSHだと 100→27%
まで減りました。

MYWHOOSH終了後の残量

トレンドグラフが無い

ZWIFTの場合画面下部にトレンドグラフがリアルタイムで表示されます。
私が見つけられてないだけかもしれませんが、
似たような画面を見つける事が出来ませんでした。

コチラはZWIFTの参考画面です

MyWhoosh登録や対応マシン・スペックについて

登録は超簡単

登録は簡単です。
うまく行けば5分かからず出来ると思います。

CreateNewAccountを押す
各項目を埋める
完成

これで走る準備は整いました。

STRAVAやその他アプリと接続方法

右上の自身の名前を押す

登録後の写真になります

connectionsを選択

選択後右に接続できるアプリが出てきます。
CONNECTを押します

各アプリの指示に従う

アプリ接続でログインを求められると思います。
ログインが完了すれば接続も完了です。

写真はトレーニングピークス

対応アプリ

  • IOS
  • アンドロイド
  • Windows

が現状対応しています。

推奨スペック

Apple デバイス最小スペック/モデル

  • iPad Mini 6以降
  • iPad Air 4以降
  • iPad Pro 3以降
  • iPhone 11以降
  • iOS 12以降
    4.0 GB以上のRAMを搭載したデバイス

Android デバイスの最小スペック

  • GPU: Adreno 640 以降 / Mali G76-MP10 以降
  • RAM: 5 GB 以上
  • プロセッサー: Octa Core (Kryo 485 または Cortex A55 以降)
  • Android OS:10以降
  • ディスク容量: 2 GB

Windows の最小スペック

  • プロセッサー: Intel i5 第 7 世代、AMD Ryzen 5
  • RAM: 8GB
  • GPU: AMD Vega 64、Nvidia GTX 1080 Ti
  • ディスク容量: 少なくとも 10GB
  • OS:Windows10または11

Windowsの推奨スペック

  • プロセッサー: Intel i9 第 10 世代、AMD Ryzen 9
  • RAM: 64GB
  • GPU: AMD RX6900 XT、Nvidia RTX 3090
  • ストレージ:NVME M 2.0 SSD(15GB以上の空き容量)
  • OS:Windows10または11

比較用にZWIFTのスペックも下記に記載します。

 最小最適
OSMicrosoft® Windows 10 64bit以降、またはmacOS® 10.14.4最新版のMicrosoft® Windows 64bit、またはmacOS®
CPUIntel® Core™ i3またはAMD Athlon™Intel® Core™ i7またはAMD Ryzen™
RAM8GB8GB
GPU1GBのディスクリートGPU、内蔵Intel® HD 4000またはAMD R52GB Radeon™ R9 290シリーズ、またはNVIDIA® GeForce™ GTX 970
ハードドライブ5GBの空き容量5GBの空き容量
Bluetoothバージョン4.0以降バージョン4.0以降
PCスペック
デバイス要件備考
Android®Android® 9.0以降Arm64-v8a ABI(Arm64アーキテクチャー)よ少なくとも2GBのRAM少なくとも4GBのストレージ空き容量OpenGL ES 3.0以降Bluetoothバージョン4.0以降お使いのAndroid® デバイスからGoogle PlayストアにアクセスしてもZwiftアプリが見つからない場合、そのデバイスはZwiftに対応していません。
iPhone® SE 以降、iPhone® 6s以降iOS® 13.0以降少なくとも4GBのストレージ空き容量iOSユーザーの方は、ベータ版OSがサポートされていないことにご注意ください。
iPad mini® 4以降、iPad Air® 2以降、iPad Pro®以降iOS® 13.0以降少なくとも4GBのストレージ空き容量iOSユーザーの方は、ベータ版OSがサポートされていないことにご注意ください。
Apple TV®Apple TV 4K (第1世代以降)Apple TV HD (第4世代 )Apple TV® の世代の見分け方について詳しくは、Appleのウェブサイトで確認してください。
その他スペック

Zwiftの対応デバイスより引用

https://support.zwift.com/ja/supported-devices-to-run-zwift-H1Cj9QbeB

まとめ

MYWHOOSHはキレイな画質、無料なのに幅広く楽しめる良質なアプリです。
推奨スペックは高めですが初代ipadproならサクサク動きました。

まだ触ったこと無い方は登録は簡単なので是非一度試してください。

近いうちに、MYWHOOSHレースについても記述別記事で記述予定です。

MyWhoosh HPより一部引用

https://www.mywhoosh.com/
楽しい自転車ライフの応援に
オツカレー部に入りませんか?
    • 周りに自転車詳しい人が居ない
    • 自転車チームに憧れる

そんな悩みをお持ちの方、是非コチラの記事を読んで入部しませんか?

ABOUT ME
オガクズ
オガクズ
いちよう富士ヒルゴールド(年代4位)
こんにちわオガクズです。 育児しながらもゴールドを取る事が出来ました。 その経験を活かし、 役立つ面白ろブログを紹介します。
記事URLをコピーしました