機材とアイテム

【ZWIFT 低スペックPCインプレ】導入費用をケチり最小予算でライバル蹴散らすぞw

はい、よくありそうな企画ですねww

タイトルで想像出来たかも知れませんが、

今回の企画は、

「低スペックPCでZWIFTは動くのか検証してみよう!」

ただ、それだけですww

  • 家に余ってるPCでZWIFT試してみたい
  • PCに予算をかけたくない
  • フラグシップ勢のマウントを取りたい

そんな、方に刺さる内容かとw

てなわけで、

10,000円アンダーで買った中古品の本気を見せてやるぜ!!ww

機器のスペックやZwift最小構成

FUJITSU製の中古品で実験だ!

てなわけで今回のメインとなるPCを紹介!

FUJITSU ARROWS Tab Q506/ME

ZWIFTサブ機として壊れた時用に購入した商品w

タブレットタイプのPCとなります。

形はタブレットだけどwindowsなのでPC参考になるので御安心くださいw

下枠に詳しいスペックを載せてます。

改めて、上のスペックを見ると税込み9,980円は安い!!ww

2年以上前に購入したものだけど、

ネットサーフィンやエクセル、ワードだけなら問題なく使えます。

じゃんぱらやイオシスでたまにでる大量入荷の中古品は掘り出し物多いですね♪
(学校とかで使わなくなった製品なのかな?)

ただ、ZWIFTをするにはどうだろうか!!?

ZWIFT推奨のスペックや如何に!

てなわけで、ZWIFTが提唱しているスペックの最低構成は下になります。

全然届いていない、、、、orz

これ、最小スペックなのでZWIFTさんからすると、

「そんな装備で大丈夫か」レベルですww

「大丈夫だ、問題ない!」とは言ってもらいたいので、

PC君にはとりあえず頑張ってもらうとしましょう!

低スペックPCでZWIFTを起動してみた

立ち上がりは激遅!

先ずは、ZWIFTインストールを終えて立ち上げてみる。

最初の画面は起動成功!w

よしっ、とりあえず最初の関門はクリアww

そこから各種設定画面まで待つ。

その時間1分57秒

以外と優秀じゃないか!ww

しかし安心したのもつかの間、

設定画面からの時間がヤバい

その時間3分12秒、、、、

激オソ!!!www

いや、頑張ってくれたと言うべきか(^^;

とりあえず仮想世界の住人として暮らせることは確認しましたw

映像はiPad(2世代前のpro)との比較動画。

Ipadはサクサクですw

*上記の待機時間測定は録画前に単体で測定した時間です。
 起動時間も条件で変わってきそうですね。

実際に走ってみたw

てなわけで、いざ仮想世界を走ってみることに。

仮想世界と現実を結ぶ為、

まずはPCと自転車をつなぐ。

うむ、成功しましたよ♪

で、いざペダルを回せ!!、、、

そういや、今家にローラーが無い。

、、、

どうしよう。

てなわけで、

全力で漕ぐ(手動)!!

これで、レース勝てたら最強だよなとか考えながらとりあえず回してみる。

、、、

おかしいな?

全然出力あがらない!!(笑)

悔しいからスプリントをしてみる。

スプリントしても上がらない、、、、orz

センサーおかしいのかなと思い、

乗車してPCの周りをクルクルすると反応が出てきました。

脚を鍛えすぎて、腕の力が弱くなったのかな??

とりあえず、ZWIFT猛者達を手漕ぎで倒す野望は潰れましたw

PCの解像度を上げてみた

ZWIFTにはPCゲーム同様、解像度の設定ができます。

こちら、解像度の設定画面です。

参考に低解像(576P)と高解像(1080P)の比較映像を撮ったので、

ご参考ください。

正直あまり違いが分かりませんでしたw

高スペック映像
低スペック映像

どちらも、ZWIFTを楽しむ分には問題なさそうです。

強いて言うなら、マシンのスペックが心配で、

通信落車の可能性を考えたら低スペックがベターかなw

PCも最小構成なら他も最小構成に

PCの値段を抑えたとして、他が高ければ意味がないですよね。

下は先日書いた、「安価な固定ローラー」についての記事。

当時6,080円で固定ローラーを購入しました。

もし、自身の自転車(スピードセンサー、ケイデンスセンサー付き)をお持ちなら、

下の金額でZWIFT始められます。

6,080+9,980=16,060円!!

安い!!ww

テレビ通販なら

「今から10分間、オペレーターを増やしてお待ちしています

レベルの安さですねww

しかし、この金額からZWIFTは毎月課金が必要になってきます。

ご安心ください。

今なら(この番組を見た皆さんだけに)、

初月7日間の無料トライアルでお試し頂けますよ!!(嘘です、見てなくても無料ですw)

7日間の無料トライアルが終わっても、

翌月以降毎月25kmは無料で漕げるそうですよ♪(ポタリングなら満足かな?w)

今なら金利、手数料は無料ですよ!!(言いたかっただけw)

ロードバイクを持ってない人も

究極にお金をかけたくない人に、

ママチャリでローラーと言う選択肢もあるかもですよw

3本ローラーならホイールベース(ホイール前後の長さ)が合えば、

ママチャリでも乗れます(固定ローラーも規格があえばいけるのか?)

筆者はやった事ないですが、

試してみてはいかがでしょうかw?

スピードメーターと、ケイデンスセンサー必要ですよw

まとめ

ZWIFTを始めるのに高いPCを買う必要が無いことが分かりましたねw

ここまでスペックが低いPCじゃなければ、

さらに安定したZWIFTライフを送れると思います♪

実走の世界も機材マウントという言葉があるように、

ZWIFTでも低スペックPCで成り上がるのはカッコイイかも知れませんよw
(ただし、頂点目指すならパワーメーターは必須ですよw)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA