インプレ

【トレック マーリン(Marlin)】街乗り以上も楽しめる相棒としてオススメですよ

優秀なフレームで、レーシーなー方に絶大な信頼を置くメーカーの1つがトレック。

そんな優秀なテクノロジーは、

フラグシップからエントリーモデルまで

使われています。

そに恩恵を十分に受けたマウンテンバイクのエントリーモデル。

トレックの「マーリン(Marlin)」

  • 圧倒的なコスパ
  • 街乗り通勤に向いてる
  • 山道もへっちゃら
  • 以外と早い

実に優秀ですね(笑)

トレックエントリーモデルとして有名なのは

クロスバイクのFXですが。

街乗り+アルファ

を考えると面白い自転車なのがマーリン。

今回は、そんなマーリンの魅力を紹介します!

こちらは同じTREKのエモンダ、インプレ記事です♪

マーリンのここが良いんだよ!

エントリーモデルでも妥協がない

トレックのエントリーモデルは、

「安いから微妙なんでしょ?」

と言う感覚は乗ってみて感じません。

筆者は当時のエントリーモデル

コビアという車種を数年来使っているのですが、未だに現役です。

(ローラー用から通勤ヒルクライムまでハードに使用)

フレーム形状も違うので、

走り心地は違うのですが、

妥協のなさは乗ってみて感じるものがあります。

昔はフラグシップモデルにしか採用されていなかった

ケーブル内装が、

マーリン仕様になっています。

見た目もスッキリしてますよ。

ハードテイルで段差もへっちゃら

クロスバイクやママチャリからマーリンに移った方は、

ビックリすると思います。

ゴツいのに思った以上にススムとw

トレッククロスバイクのFXと比べて漕ぎ出しは少し重めですが、

十分な加速性能を感じます。

ハードテイル(前輪のみサスペンション)と太いタイヤの恩恵で、

段差も問題なくススメます。

後述しますがマーリン7又は8なら

イベントライドや大会まで楽しむことが出来ますよ。

街乗りや通勤にリアキックススタンド

街乗りや通勤で立てかける場所が無い方に有り難いのが、

リアキックスタンド。

マーリンには専用の取付けネジ穴が加工されています。

リアキックスタンド本体は別売りです。

ネジ穴がなくとも取付られるスタンドもありますが、

日常使いには少し心もとないですね(^^;

会社の駐輪場や、

ちょっとした買い物で駐輪する時に最適ですね。

ただし、盗まれたらショックがでかいので、

地球ロック(地面と繋がってる柱や動かない物と鍵で結ぶ)を

することはお忘れなくw

幅広い層に最適なフレームサイズ

トレックで今回驚いた事があります。

メーカーは身長によって

最適なフレームサイズを分けていますが、

トレック一部のモデルは身長によってホイールサイズも変わります。

身長に合わせてジオメトリー(各フレームの寸法)を合わすだけでなく、

全ての要素を加味して考えられているのが伝わります。

ホイールベースが長いから安定する

タイヤサイズも太く(27.5~29インチ)為、

ホイールベースも長く設定されています。

前後幅が長いと安定してコケづらいので、

オススメですよ。

筆者は街乗りでの試乗で、

小回りが不憫に感じることもありませんでした。

マーリン試乗とオススメグレード

マーリン早見表

下はマーリンの比較用に早見表をつくりました。

下の表以外のパーツもグレード毎に

仕様は違います。(同じものもあります)

マーリン6マーリン7マーリン8
フロントサスペンションSR Suntour コイルサスRockShox  コイルサス RockShox  エアサス
ドライブトレインShimano Deore M4100, 10 speedShimano Deore M4100, 10 speedSRAM SX Eagle, 12 speed
ブレーキTektro HD-M275 hydraulic discShimano MT200 hydraulic discShimano MT200 hydraulic disc

個人的にはマーリン7がオススメ

上の表を見ていただくと、

マーリン7はブレーキはshimano製が使われいます。

個人的にレースや日々の安全性を考えると

shimano製品はオススメです。

合わせて、フロントサスペンションも RockShoxというメーカーです。

もし、金額に余裕があるなら、

エアサスペンション、12速切り替えの

マーリン8もオススメですよ(^^)

マーリン7インプレ

今回試乗したマーリン7のインプレになります。

まず、ビックリするのがエントリーモデルなのに、

安定した走りでグイグイ進めのにビックリします(^^;

これはホイールベースが広いのが安定しつつも、

ススメ感覚があるのだと思います。

その上、小回りも効くので

街乗りにおいては必要以上のスペックかもw

ちょっとした段差も、

無駄に乗り上げたくなるのがハードテイルの面白いところ。

初めてマウンテンバイクに乗ると、

試してみたくなるはずです。

少し、空き地の段差を走ったりしたのですが、

楽しいの一言w

合わせて、レースでの使用にも耐えられるスペックなのが良いです。

フロントシングルの10速(マーリン8は12速)でも、

イベントやレースをカジュアルに楽しむには問題有りません。

下手なカーボンフレームより、

頑丈なアルミでエントリーした方が、

精神的にも安心出来ると思いますよw

まとめ

トレック マーリンは

街乗りからイベントレースまで

懐の広いマウンテンバイクです。

コスパも良く、しっかりとした設計。

エントリーモデルとは言えバカには出来ません。

初心者にも優しいモデルなので、

気になる方は是非トレックに向かうの一択ですw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA