ライフスタイルと初心者記事

悪路を超えてゆけ!マウンテンバイク初心者 大会までの楽しみ方だよ

通勤や少しの移動、ズイフト(?)にMTBマウンテンバイクを使用しているオガクズです。

ロードバイクでヒルクライムや仮想世界で力自慢ばかりしていませんか?

ちゃんと自転車を乗りこなしてるのかね諸君!?
(筆者自信なし、、、)

荒れた路面、岩場、階段、何でも御座れのマウンテンバイク。

走ってみると童心に帰れるうえ、

テクニックもつけられるオマケ付き。

独特なグルメ感もマウンテンワールドの魅力♪

ロードバイクから少し片足伸ばしてみません?

大会も初心者に優しいイベントも多く、

魅力たっぷりですぞ!

今回はそんなMTBマウンテンバイクのゆるポタ世界をオガクズがお送りしますw
(なにせ筆者がマウンテンバイクは ゆるポタなのでねw)

写真は筆者MTB写真 エントリーモデルです

マウンテンバイクのココが楽しい!

頂上で食べるカップ麺は美味い!

マウンテンバイクの良さを伝えるのに最初に言いたいことは、

走った後に食べるカップ麺はめちゃんこ美味いぞ!ww

コレに付きますね!

山の上でラーメン食べるのはマウンテンバイクの文化かな?w

リュックを背負って道具を仕込みロードバでは行けない

荒れた道の先にある山頂でみんなと食べるカップ麺。

林間学校で皆と食べるカレーと同じ美味しさですねw

食後にコーヒーも作ったり、楽しいですよ!

*自分の周りのマウンテンバイカーだけだったらすみませんw

個人的にカップヌードルカレーの香りは絶許ですw

アウトドアグッズを選ぶのが楽しい

なぜか、マウンテンバイクをしてる人はアウトドアグッズを沢山持っていますw

上のジェットボイラもそうですが、

大会行くとテントの設営、バーベキューからガスコンロ

明らかにロードバイクグループより、

設営の引き出しが多い気がするw

筆者はたまにしか出ないので、

いつもおこぼれに預かりつつ楽しませてもらってますw

乗り方が上手くなる

マウンテンバイクのコースは基本オフロード。

ママチャリが乗れたら一様走れるロードバイクと違い、

マウンテンバイクは段差につまずき脚をつかざるを得ない場面も

ぬかるみ、木の根っこが厄介な林等、

最初は滑って転ぶけど、

段々走れるようになるのが楽しいですよ♪

マウンテンバイク乗ると、

今までロードバイクを乗りこなせていなかった事に気づきますよw

走り方が上手い人多い

普段から山道を生業としてるマウンテンバイカーの方々は、

バイクコントロールに長けています。

一緒に山道をついていくと力で漕いでも追いつける気がしませんw

後ろから見てると、ありえない角度で急コーナーを曲がって行くけど、

真似できる気がしない!w

プロはレベルが違いますね!

優秀な講師に会いやすい

大会の中にはインストラクターの方が教えてくれる大会もあります。

パイロンを敷いて8の字を描いてコーナー練習や、急ブレーキ等教えて頂きました。

レクチャーの時、止まった状態で脚をつかず説明されたけど、

ホント凄いなとw

バイクコントロールを大事にしているマウンテンバイカーの方々は、

乗り方を教えるのが上手い人多いと思います。

雪が降るとテンション上がるw

これも全国的な事か自信ないけど、

雪が積もるとマウンテンバイク界隈の人達のテンションが上がってる気がしますw

ロードバイクだと外を走れないから残念と思うけど、
(一部ZWIFT祭りでテンション上がる人はさて置き)

雪が積もった日に、山に行くと普段見慣れない景色と路面の感触が楽しくて

テンション爆上がりですw

転んでも痛くないしねw

マウンテンバイクのギミックが面白い

ロードバイクの無駄な物を削ぎ落とした構成と違い、

マウンテンバイクのギミックは面白いですよ。

代表的な所でサスペンションがついてるのですが3つに分かれてます。

  • フルリジット(サスペンション無し)
  • ハードテイル(フロントサスペンション)
  • フルサス(前後サスペンション有り)

初めて乗った時、サスペンションが楽しくて

筆者は「ON」「OFF」を繰返し遊んでいましたw

他にも、機種によってはサドルの高さを乗りながら調整出来たりする機能も。

フレーム形状も沢山あり、ダウンヒル用、クロスカントリー、トレイル等、

種類が豊富でカタログ見るだけで飽きません♪

サスペンションに関しては、個人的にロードバイクの練習延長線なら

フルリジットかハードテイルが良い気がします。

なにせ、最強のサスペンションは己の身体ですのでw

身体で段差の衝撃を吸収できると、パンクや落車のリスクも減りますよ♪

マウンテンバイクで街乗りから大会まで楽しもう

気軽に街乗り編

筆者、最初にも書きましたが、

日常ほぼマウンテンバイクで移動しています。

クロスバイクじゃダメなの?と思った方もいると思いますが、

ちょっとした段差や小道を走るには、

マウンテンバイクは優秀ですよ。(モデルにもよりますが)

無骨な割に取り回しが効くのでオススメです。

因みに、想像以上にマウンテンバイクはスピード出ますよw
(これもモデル次第か)

値段もピンからキリまであるマウンテンバイク。

エントリーモデルでも大会やイベントに出れる物があるので、

趣味の幅を広げるのにもオススメですよ。

マウンテンバイクではないですが、

シクロクロスも選択肢として良いかもしれません。

練習会編

ロードバイクと違い練習会場が沢山あるのがマウンテンバイク。

山で走るイメージですが、

河川敷で練習会があったり、

公園の段差を利用しての練習、

駐車場にカラーコーンを置いて等。

公道以外でも走る楽しみがありますね!

マウンテンバイクの練習会場は、

シーズン入る前に練習会グループの方々が草抜き整地等、

整理してくれてる事があります。

大変な作業なので感謝の気持と、

余裕があれば整地に参加するのも有りだと思います。

大会編(楽しいレースレポート)

*今回もレースレポート風に行きますw

知り合いから

「初心者に優しい大会だから、素人のオガクズでも大丈夫だよ♪」

と、甘い言葉を信じ参加を試みるw

会場に到着すると、お世話になってるショップチームが。

設営されたテントの中でワイワイガヤガヤ楽しい時。

チームメンバー奥様の焼いてくれたホットサンドがメッチャ良い香り。

当然おこぼれに預かりますw

コースは公園の遊歩道を利用した周回コース。

チームとソロでのエントリーがあり、

自分は4hソロを選択(後に最大のミスだと気づく)

時間が迫りスタート地点に行くと自転車がスターライン奥に倒して並べられてる。

どうやらルマン方式と言い、

スタートからランで走り自転車に乗る方式らしい。
(事前の説明書類で
ルマンってブルボンのお菓子みたい♪と思った素人感が仇にw)

当然最後尾に自転車を置きレースはスタートw

スタート直後、走っていると行列ができてるのを発見。

どうやら、激坂区間でみんな脚をついてるらしい。

3週目位から渋滞もなくなり、激坂区間にアタックしてみる。

「アレ?タイヤがスリップして全然登れない!」

そう、ロードバイクと違ってオフロードはトルクのかけ方が物を言う。

バカみたいに力で登れないことを痛感(^^;

別の大会だけど、公園の階段がコース上にある場所が合って、

降りて歩くのかなと最初思ったけど、上手い人は降りずに走ってる。

どうやら、前後荷重位置を調整して走っているみたいだ。

最後の方やっと脚をつかず登れるようになりましたw

その後も、林のエリア木の根っこに滑り転んだり、

下った先のコーナー曲がりきれず、雑木林にダイブしたり、、、

公道とちがいコケても雑草と土が優しく包んでくれますw

スピードもそこまで出せないのが救いかw

そんな、周回を何度か繰返してるうちにホームストレートから良い香りが。

焼き肉とカレーじゃないか!!

チームで走るメンバーは交代で美味しいものを食べてる模様。

ソロ4hを選んだオガクズは美味しいものを横目に、

走り去るしか無い。

そう、私は競技者なので休んでる暇など無いのだよ!!

、、、、あっ、そういえばドリンク無くなりそうだからピットインしようかな?

「カレー、ウマーwww」

因みにこの後食べすぎて、

激坂来るたびにデビルリバースしそうになるw

そんな、リアル耐久を乗り越えなんとかゴール。

順位はさて置き、とても思い出に残る大会になりましたw

まとめ

読んで頂けたら分かったと思うけど、筆者も素人に近く奥が深い世界です。

敷居が高く初めての人は入りづらいイメージがあるけど、

フレンドリーな人も多く楽しい世界でした。

大会も難易度の高いレースもありますが、

初心者向きの大会もあるのでネットで探してみるか、

バイクショップで聞いてみると見つかるかもしれません。

練習会もショップによってはマウンテンバイク初級コースがあったり、

参加してみるのもオススメです。

皆さんもロードバイク技術底上げと、楽しい世界を一緒にどうですか?

*ロードバイクほど転けても危険性は少ないとはいえ、

きちんとした装備と危険な走行はしないように気をつけましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA