【ZWIFT RUN簡単接続解説】Garminスマートウオッチで試さないと損かも|おがくずブログ【ロードバイクのブログ】
Zwift
PR

【ZWIFT RUN簡単接続解説】Garminスマートウオッチで試さないと損かも

おがくず
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ZWIFT RUNの敷居が高い気がして、
試して居ない方多いと思います。

Garminスマートウオッチをお持ちの方、
簡単に接続できるかもしれませんよ!

まずは、お手持ちのスマホとウオッチでサクッと試して見ましょう。

ZWIFT RUNを試した方が良い理由

設定は簡単

記事を見ている方でZWIFTとロードバイクの設定をしたことある方なら、
簡単です。

下記写真バーチャルランがアクティビティーを押して、
ZWIFTと接続するだけです。

下記はZWIFT側の画面。

あさると君
あさると君

ZWIFTが初めての方もいると思うので、
記事後半で詳しい設定を分かりやすく解説しますね。

ZWIFT RUNだけなら無料

ロードバイクの場合月額料金がかかりますが、
2023/9/29時点では無料となっています。

公式以外の対応機種もいけます

公式のHPでは下記の3機種が対応でした。
私がもっているGarmin ForeAthlete 745は入ってないのですが、
起動することができました。

コチラ ZWIFT HPの対応機種一覧です

ZWIFT HP Compatible Running Hardwareより引用

https://support.zwift.com/en_us/compatible-running-hardware-SycvahzDB
その他機種も

オツカレー部で他の機種を持っている方も試してもらいました。
フェニックスやINSTINCT2Xも起動したという報告を受けています

Garmin以外でも

スポーツジムのトレッドミルがZWIFT対応機器なら走る事ができます。

POLARのストライドセンサーを購入すれば値段も手頃で始める事ができます。

ポラール(POLAR)
¥10,420 (2023/09/28 15:18時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

リアルと比較してみた

実際どのように走ると、反応するのでしょうか?
実際に走って試してみました。

注意:シュールです

あさると君
あさると君

私の場合、最初タイムラグがありました。

トレッドミルが無くても

家にトレッドミルが無い。
近所にジムが無い(又は敷居が高い)という方に朗報です。
外でも楽しくZWIFTができるかもしれません。

といっても画面見ながらは危ないので別の方法です。

今度オツカレー部の中で、
ライブ配信しながら皆のボイチャで応援しながら試して見ようと考えています。

実際に試してみて面白くなりそうなら、
後日記事化しようとおもいます。

設定方法解説やその他対応機器

ZWIFTRUN設定方法

ZWIFTRUNの設定方法を解説します。
*解説画面はAndroidですが、PCとIOSもほぼ同じだと思います。

ダウンロード

まずは下記リンクよりZWIFTをダウンロードします。

https://www.zwift.com/ja/download

各種登録

メールアドレスやパスワードの設定を行います。
*すでにアカウントがある方は必要ありません。

アカウント登録

完了したら真ん中の名前をタッチして次に進みます

ランをタップ

緑丸の「ラン」の文字をタップします

ランスピードを選択

緑丸「ランスピード」を選択

Garminウオッチ側を設定

アクティビティーから「バーチャルラン」を選択します。
接続モードに入ればOKです。

アクティビティーに見つからない場合一覧に無い場合があります。
「追加」を押して探してみましょう。それでも見つからない場合は対象外機器の可能性があります。

接続確認

スマホ側の画面に対応のウオッチ名称が表示されていたらOKです。

接続がうまくいくとオレンジから青になります
コースを選択しよう

ZWIFTにはたくさんのコース・ワークアウトが存在します。
選択しましょう。

完了

コース選択が完了するとZWIFTの世界に入れます。

キャリブレーション

ZWIFTランにもキャリブレーションがあります。
トレッドミルに乗ってキャリブレーションを行いましょう。

Zwift対応ランニングハードウェア

こちらは参考に、
公式より発表されているZWIFT RUN対応機器になります。

日本未発売のものや下記参照以外ののもので接続できるものもあるので
参考程度に御覧ください。

トレッドミル

メーカーモデル備考
Assault FitnessAirRunnerなし
BODYCRAFT®T-1000なし
T-800なし
T-400なし
BOWFLEX®BXT116なし
BXT216なし
BXT226なし
KettlerKettler Track S10なし
Kettler Track S8なし
Kettler Track S6なし
Kettler Track S4なし
Kettler Track S2なし
Life FitnessF3Track Connectコンソールで設定した場合
T3Track Connectコンソールで設定した場合
T5Track Connectコンソールで設定した場合
SOLE FitnessF63なし
F65なし
F80なし
F85なし
S77なし
TT8なし
SPIRITXT285なし
XT385なし
XT485なし
XT685なし
STAR TRAC®すべてGEMモジュール経由なし
TRUE® FitnessPerformance 300なし
Performance 800なし
Technogym®MYRUNなし
Woodway®4Frontなし
Pathなし
Desmoなし
XTERRA®TRX3500なし
TRX4500なし

Zwift対応フットポッド(runpod)

  • Zwift RunPod(日本未発売)
  • STRYD®フットポッド
  • STRYD® Live(Zwift専用フットポッド)
  • Polar®ストライドセンサー
  • Garmin®フットポッド(ANT+のみ)

BLE対応シューズ

Under Armour® Record Sensor

ZWIFT HP Zwift対応ランニングハードウェアより引用

https://support.zwift.com/ja/supported-treadmills-SycvahzDB

まとめ

この記事は、ZWIFT RUNをGarminスマートウオッチを使用して
簡単に設定する方法について解説しています。

記事では、ZWIFT RUNが無料であること、
公式以外の対応機種も存在すること、トレッドミルがなくても楽しめる方法を解説しました。

ぜひ、一度皆さんも試してみてもらえると嬉しいです。

楽しい自転車ライフの応援に
オツカレー部に入りませんか?
    • 周りに自転車詳しい人が居ない
    • 自転車チームに憧れる

そんな悩みをお持ちの方、是非コチラの記事を読んで入部しませんか?

ABOUT ME
オガクズ
オガクズ
いちよう富士ヒルゴールド(年代4位)
こんにちわオガクズです。 育児しながらもゴールドを取る事が出来ました。 その経験を活かし、 役立つ面白ろブログを紹介します。
記事URLをコピーしました