ダイエット

【脂肪の代謝3倍も夢じゃない!】水シャワーの恐るべき健康ダイエット効果だよ

皆さん、ICEMANと言われるヴィム・ホフさんという方をご存じですか?

  • アイスランドの湖を15分泳ぎ続ける
  • 上半身裸で雪の中無練習でフルマラソン完走
  • キリマンジェロを24人で半袖踏破
  • 1時間15分、氷漬けになって座り続けた

余りにぶっ飛んだ伝説に面喰いますねw

そんな強靭な肉体を作るヴィムさんが普段してることは下の3つ

「コールド・トレーニング(水シャワー)」

「呼吸法」

「断食」

この3つで恐るべき肉体を作っているそうです。

調査によると氷漬けにされている時の代謝率は300%にまで向上していたとか。

300%までいらないけど、半分でもあやかりたい!ww

代謝率が150%でも十分な痩せ体質になれそうですね(^^;

てなわけで、人外を目指すわけでなく、

人並みの健康を手軽に取り入れたい方におススメの記事ですw

家の蛇口をひねれば溢れるお水(水シャワー)。

水を使って健康的にダイエットしようw

ヴィム さんは呼吸法や断食も実践されていますが、

今回はコールド・トレーニング(水シャワー)について解説します♪

流石に上の伝説は水シャワーだけでは厳しいかも知れませんが、

健康とダイエットにはかなり効果あると思います(^^;

なんで水シャワーで健康的に痩せられるの?

褐色細胞が活性化する

体を冷たい環境におくと

褐色脂肪細胞が活性化します。

褐色脂肪細胞の主な機能は脂肪酸やブドウ糖を燃焼させて身体を温めます。

ミトコンドリアが多く含まれている為、

直接的にエネルギーを開放して熱を生み出します。

褐色脂肪細胞を通してエネルギーに変換される白色脂肪という細胞があります。

白色脂肪は太り気味の人に多い脂肪です。

なので肥満体質の方には特に水シャワーは効果的と言われています。

新生児は褐色脂肪細胞が多い為、

生後9か月までの赤ちゃんは比較的薄着で眠れるのも褐色脂肪のおかげだそうです。

白血球が増える

ご存じの方も多いかもしれませんが、

白血球が増えると

細菌やウイルス等、その他の異物による感染から身を守ってくれます。

水シャワーを浴びると免疫機構が活性化し、

風邪を引きにくくなるそうです。

コールド・トレーニングの効果は万人に効く可能性がある実例があります。

標高5,895mキリマンジェロの山頂ウルフ・ピークに

26人中24人が48時間以内に登頂する偉業を成し遂げたグループが居ます。

それだけでも凄いのですがそのグループはなんと、

  • 上半身裸で登頂
  • メンバーの何人かは病気を患っている

その状態で登頂を完遂したそうです。

想像出来ない世界ですが、

私達にも希望がでる話ですね。

血管を鍛えられる

水シャワーを浴びると身体は

心臓や臓器、低温に晒されると危険な場所を守るため、

身体の末端部分の血管を収縮させます。

水シャワーを止めると血管は元に戻ります。

これを繰り返す事により血管は筋力トレーニング同様、鍛えることが出来るそうです。

スポーツ後の水シャワーは回復を早める

先程の血流の話の延長で、

激しいトレーニングの後には筋肉が炎症を起こし、

疲労につながる代謝物も沢山作られます。

水シャワで血流を促進することで疲労物質を除去し、

炎症を抑える効果があります。

水シャワーを実践してみよう

まず、いきなり冷たい水シャワーを胸元に当てる、

根性な浴び方は止めましょうw

心臓がびっくりして大事になるので注意が必要です。

今回水シャワーの方法及び、諸々の参考は下の書物を参考にさせて頂いてます。

なぜ、水シャワーが効果的なのかを詳しく理論立てて書いてくれています。

引用:「ICEMAN 病気にならない体のつくりかた」 ヴィム・ホフ&コエン・テ=ヨング著 訳:小川彩子 

こちら、著書おススメですよ(^^)

著書では呼吸法や水シャワー含め、

ヴィム・ホフ・メソッドと言われています。

冷水シャワー

まずは温かいシャワーを浴びながら、

3~5秒かけてゆっくり息を吸い3~5秒かけて息を吐きます。

これを1分ほど続けます。

身体が温かいシャワーに馴染み始めたら、

少しずつ温度を下げていきます。

この時、なるべく呼吸のペースを乱さないようにします。

これを日々繰り返し、

低温に出来る温度を下げていきます。

最初、足だけに冷水をかけて末端から徐々に全身にかけていくのもおススメです。

温度は自分の出来る範囲で決めていきましょう。

何℃と決めるより感覚を大事にするべしです。

冷水シャワーがつらい方に氷水の入ったボウルで

氷水の入ったボウルを使う方法もおススメです。

まずは、氷水に両手を入れます。

最初血管がギュッと収縮するときヒリヒリ感じます。

痛みはすぐに消えるのでそのまま2分間ほど浸けます。

内にある「暖房機の温度調節つまみ」が強に回ると、

だんだん手が暖かくなるのを感じるはずです。

2分間手をつけて、手が暖かくならなければ、

そこで終わりにしましょう。

手が凍傷する危険があるので無理は禁物です。

身体のシグナルを見逃すな

著書に書いてることですが、水シャワーを続けると

自然と素足や半袖にになりたくなるそうです。

食事も素材に近いものを段々と、取りたくなってくるとか。

身体が順応している証拠として判断材料になるうえ、

素足や自然の食材は健康やダイエットに拍車をかけるので大事にしましょう。

筆者、この本に出会う前から水シャワー派です。

著書が言う通り素足を好み食事は素材派になっていますw

理論はわかりませんが、味覚や身体のセンサー感度が上がっているのは感じます。

筆者大好きな鮭のアラ弁当

まとめ

水シャワーはダイエットにも効果的で万病の予防につながるかもれません。

著書には重大な疾患からの回復事例がいくつか紹介されていますが、

絶対に効果を保証するものでは無いそうです。

ただ、それだけ実証結果や自身の満ち溢れた体験から、

みんなに紹介したくなったと書いています。

重大な疾患でなくとも、

ダイエットや風邪の予防なら

かなりの効果が期待できる事例が沢山紹介されていました。

皆さんも水シャワー、

安全なやり方で先ずは軽く初めてみては如何でしょう(^^)

今回紹介しなかった「呼吸法」の話、

水シャワーよりも効果があるそうです。

需要があれば記事作成してみようと思います(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA