ウエア関係

【ミンナのパールイズミ】オーダージャージから小物まで、かゆい所に手が届くモノづくり

「気がつけば

 色々なパールイズミの

 アイテムを揃えていた。」by オガクズ

自転車ウエアの巨匠と言えばパールイズミ(PEARL IZUMI)ですね。

筆者改めて衣装ケースを覗くと沢山出てくるパールイズミ製品たち。

  • シューズカバー
  • サイクルウエア
  • アームカバー
  • ヒーターグローブ
  • 指切りグローブ
  • 不要ソックス、、、その他諸々

どんだけパールイズミ率高いんだw

想像ですが皆さんも気がつかないうちに、

パールイズミ製品で溢れている人が多いのではないでしょうか?

そんな沢山のジャージや小物を眺めて筆者あることに気づく

すみません、今やっと好きな気持ちに気づきました、、、♥」

気が付かなかったけど、愛するが故に買ってるのだと💓w

今回はボクのような、パールイズミ メタ隠れファンに送る、

青春ラブコメ的な記事ですw

そんな訳で、今回も自分の所感全開で行きますw

なんで気が付けばこんなにもパールイズミ買ってるの?

パールイズミってベンチマークなんだよ

記事を書くために、

パールイズミについて色々考えました。

パールイズミって、

そこはかとなくソコにいる存在ですよねw

思ったのが、

ベンチマーク的(基準とされる)な存在なのかなと。

ギターで言えば

「フェンダーやギブソン」

ヨーグルトだと

「ブルガリア」

お餅だと

「越後製菓(なのかなw?)」

上記のような有名なメーカーに対して口にしたことありませんか?

「今使ってる製品は○○○社と比べてどうかな?」と?

あらゆるベンチマークされてる企業に対して言えるのは、

実質剛健なモノ作りだからこそ、

比べる対象にされる大物感があることですね。

性能のバランスが良い

個人的にパールイズミが愛される理由は、

性能のバランスだと思います。

例えば、ヒーターグローブ

使った事ある人ならわかるけど、

思いの外手が蒸れる事なく使用できると思います。
(使い方にもよるかもですが)

温度調節出来るのも理由の一つですが、

丁度よい設定温度帯と、

生地が使用者目線で作られてるのを感じます。

他社冬用ヒーターグローブは

生地が分厚く動かしづらいものが多いです。

パールイズミは変速もしやすく作られており、

かゆい所に手が届いた作りです。

国産ブランドの歴史は古い

パールイズミは創業年の老舗企業です。

長い歴史の中で培って来たノウハウは図りしれません。

1950年、長野県飯田市の山間で育った清水釿治が、

肌着類の繊維卸として「清水釿治商店」が始まりだそうです。

1964年、サイクルウェアの企画・製造販売を開始しました。

1982年、チームジャージのカスタムオーダーシステムを確立

筆者驚きました。

そんな、昔からオリジナルジャージのシステムがあったなんて。

インターネットが普及してない時代から

オリジナルジャージの作成を行っていたのだから、

驚きですね!

まだまだ、パールイズミの歴史は深く

長年サイクリストに貢献してきた歴史は計り知れません。

PEARL IZUMI HPヒストリーより引用

https://www.pearlizumi.co.jp/aboutus/history

世界から評価の高いパールイズミブランド

海外からも評価の高いウエアブランド、パールイズミ。

ツイッターやHPを見ると評判の良さが見えます。

コチラは「The Mtb Lab」のHPの翻訳。世界的リーダーは良い響きですね。

ツイッター上でも悪いツイートは見られず、

良いコメントが多いように見受けられました。

海外のパールイズミのサイトを見ると、

日本のラインナップと違うことに驚きます。

思いの外カジュアルな服が多い印象です。

合わせて、オフロードにも力を入れている印象が強いですね。

PEARL IZUMI海外サイトより引用

https://international.pearlizumi.com/

パールイズミのと言えばオリジナルジャージ!

あの伝説のジャージに袖を通したい、、、

個人的にパールイズミと言えばで最初に思いつくのが、

カスタムオーダージャージです。

電話やHPで申し込み可能です。

オリジナリティー溢れる

自分達だけのジャージが作成できますよ♪

筆者も最初にお世話になったショップのジャージが

パールイズミで、

最初は皆強く見えてチーム名の入ったジャージに憧れを持っていました。
(今でもですよw)

「いつかあのジャージを着たい!」

と、ワクワクしていたのを覚えています。

オリジナルジャージだからこそある話ですね。

そんなオリジナルジャージ、

パールイズミでは

オーダーウェア「ファーストシリーズ」と言う、

コスパの良い国内生産品のサービスが開始されています。

オーダーウェア「ファーストシリーズ」

  • 安心の国内生産
  • 価格も控えめ
  • 受注後40営業日でお届け

最初にオーダージャージを作るなら、

とても有り難いシリーズじゃないですかw

ジャージを最初に作る際、

値段は気になる所ですが、

コスパが良いのは有り難いですね。

パールイズミウエア使用感は個人的に着心地が良く、

特にお尻のパット(幾つか種類あり)は丁度良い柔らかさで気に入ってます。

既存のオーダーウエアより制限はあります。

オリジナルジャージを検討している人は、

検討してみる価値あると思います。
*問い合わせフォームは下記リンクより繋がります。

パールイズミHP お求めやすいシンプルなオーダーウェア「ファースト シリーズ」が登場! より引用

https://www.pearlizumi.co.jp/orderwear/firstseries_lp

肝心の着心地はどうなの

パールイズミの着心地は上でも話しましたが、

かゆい所に手が届くウエアです。

人によって所感は変わってくる所ですが

  • パットの柔らかさ
  • 着心地
  • 適度なサイズ感
    (走っている時に風で寄れず、その上締め付けがキツすぎない)

この辺りを感じる所が気に入っています。

合わせて服がズレにくい加工(一部除く)が施されているのも好ポイントです。

パッドも幾つか種類ありますが、

昔ロードバイクを初めて一緒に購入したエントリーモデルのパンツ、

丁度よいパッド柔らかさで暫く使い込んでいました。
(途中他社を買ったけどパールイズミが良かった)

オーダージャージ以外も良いものが多すぎて書ききれない、、、

途中で話題に出したヒーターグローブや、

以前記事にしたシューズカバー

その他アイテムも長く使えるものばかりです。

改めて、それぞれの小物等記事に出来ればと考えています(^^;

まとめ

パールイズミは丁寧な設計と作りで、

皆に愛されるウエアメーカーです。

「気が付けばそこにあるのはパールイズミ!」

作りもしっかりしており、

買って不満になる製品は少ないと思います。

あるのが当たり前になり過ぎて、

好きな気持を忘れがちなパールイズミ❤

皆さんの良きライドのお供に是非とも(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA