トレーニング

【仕事や年齢は障壁?】価値と勝ち 楽しいと形容詞なお話w

人は様々な理由によって

諦めると言う選択肢が出てくると思います。

趣味勝負の世界もしかりですね。

ちょっと待って下さい!

諦めると、競技を楽しむは別物じゃないですか?

  • 物事を楽しむ為に必要な感情=形容詞
  • 物事を表現するのに必要な言葉=動詞・名詞

と、仮定します。

オガクズ

みんなは、「楽しみたい」という形容詞で

ロードバイクを始めなかったかな?

仮に諦める理由が年齢だとすると、

「歳をとって動きづらい」と言う

動詞から諦めていませんか?

今回は形容詞「楽しい」

頭に持ってくる方法の話ですw

競技や趣味の本質を考えよう

形容詞と動詞

自分が自転車を始めた頃を思い出してください。

当初の目的を「形容詞」で考えましょう。

「楽しい」から始めた方が多いと思います。

それがいつの間にか

「勝つ」に変わっていませんか?

これは、形容詞じゃないですね。

仕事と違い趣味の場合は

形容詞から始まる事が多いかもしれません。

*例外もあります。

形容詞を基準にすると

  • 努力しなくては
  • 年齢を克服しなくては
  • 周りが頑張ってるのに自分も頑張らなくては

上記はいずれも「動詞」や「名詞」的な基準が先にきています。
*正確には動詞ではないですが

  • 楽しい
  • 心地よい

等の形容詞起点で考えると、

アプローチも変わってくると思います。

思考の順番を整理

目的にたいして思考の順番を書き出してみましょう。

  1. 形容詞
  2. 動詞
  3. 結果

この順番は楽しむフローだと思います。

  • 努力しなくては!
  • 今日は走らなくては!
  • 年齢を言い訳にしては行けない!

等々頭によぎる場合

思考の順番が逆転してるかもしれません。

下に書きますが、

動詞が起点だと

目的と手段の動機が見えてきません。

目的と手段だけじゃいけない

目的「レースに勝ちたい」

手段「トレーニングする」

レースの場合、目的と手段を考えると

上記になります。

目的に動機(意味)を持たせることにします。

例えば、

動機「楽しみたい」

この意味付けがあるだけで、

トレーニングの過程も楽しめる気がしませんか?

わずかな希望にかけるのは楽しいじゃないか♪

  • 仕事
  • 年齢
  • 体格
  • その他たくさん、、、

諦める理由は考えるとキリが無い思います。

もし、諦める理由が動詞や名詞なら

少し考えなおしてもイイと思います。

仮にレースで、理不尽アドバンテージがあったとしても、

負けて失うものは無いと思います。

弱者の特権、

ジャイアントキリング(弱者が強者を倒す)すれば

もうけもんですw

これは劣勢の人のみに与えられた権利ですね。

そして、その過程や奇跡的に勝てば

楽しいにつながるはずです。

2人組の年配と若者なら

永遠に年配の方はジャイアントキリング

する権利があるということですねw

ロジカルじゃない具体例

上記の内容と少しズレるところもありますが、

自身がの思ったことや

身近な会話のミスリードを

具体例として紹介したいと思います。

大学や高校の先輩

若いグループ(例えば大学のサークル等)で、

新人の頃先輩から

「君たちは若いから強くて当たり前」

と言われた経験ありませんか?

グループに所属してる時は

違和感無く聞いてたと思います。

これ、10年たって客観的に考えると

違和感かんじませんか?

30代になった自分が

目の前に若い20代2人が同じこと言ってたら

「2人とも若いやんけ!」と思うはずですw

そして、1番の問題は

永遠に先輩後輩という年齢差は変わらないという事です。

仮に同じ競技をずっとしていたら、

ずっと先輩は勝っても負けても

おいしいポジションですねw

年齢差をどう捉えるか?

上でも話しましたが年齢差は永遠に変わりません。

後輩は一生後輩です。

  • 若い子は羨ましい
  • これから伸び盛りなのに自分は、、、

という考え方もできますね。

反対に、

  • 勝つ確率は少なくとも勝てばリザルトは大きい
  • 勝った後のオッズの高い挑戦権はこちらにしか無い

と、考えられます。

そう、後輩はゲームで言う

イージーモード縛りになるのです❗
(ちょっと極端だけどw)

形容詞的な報酬をもらえるチャンスは

先輩・後輩」「イージー・ハード」

どちらが大きいでしょうか?

オガクズ

ゲームだと難易度を選んだ後は

どちらも楽しもうとするよね♪

炊飯器を使えない男性とエクセルを立ち上げられない女性

とある、60代夫婦の会話です。

妻がとある町内化の印刷データを

前の班長からもらった時に、

妻が夫に印刷だけお願いと言いました。

夫は「印刷くらい自分でしろよ」と話していました。

妻は「歳だし今更パソコンは無理」と言ってました。

その後夕飯を待つ男性に妻は

「ご飯の炊く準備くらい手伝ってよ」

「炊飯器分からんし、難しくて無理」

と言っていましたw

誰の会話だったかは秘密ですw

相手の立場に立てば

はたから見てて動詞的に

なんで、できない?(正確には動詞ではない)」

と考えている雰囲気でした。

形容詞で相手の事を考えていたら、

違う形のアプローチをしていたかもしれません。

オガクズ

他にも喧嘩の要因はバイアスの問題や

互いの「簡単」の認識のズレ、色々ありそうですね。

とはいえメンタルだけでなく身体を

そんな、抽象的な話ばかりされても困るよ、、、

という筋肉ローディーの皆さん

安心してくださいw

年齢超越して強くなる為の本は世にありますw

こちらの書籍、

参考になると思うので良ければお読みください♪

まとめ

今回は抽象的な話になりましたが、

捉え方次第で楽しみ方も変わると言う話でした。

少し分かりづらかったらすみません^^;

動機がハッキリすると、

全力で力を出せるし

その逆もしかりです。

皆さんも、本質的な趣味の楽しみ方を

再度把握して全力で楽しんで行きましょうw

形容詞と動詞については初期の頃の記事にも、

書いてたりします^^;

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA