Zwift

【コスパ最強スマホ】Pixel6aはスポーツマンに向いてるスマホかも

近年は海外のスマートフォンも

値段を上げており

iPhoneも10万円超えは普通になりましたね。
*iPhone13ProMax 1TBだと20万超え、、、PC買えちゃうw

そんな時代に満を持して発売された

GOOGLE Pixel 6a

お値段なんと、、、

¥53,900

ですってよ。

安いなーww

今回はそんなPixel6aの魅力を

Pixel6使いの筆者が

基本スペックとスポーツでの活用を

紹介しようと思います。

臨場感のあるスポーツ写真が撮れますよ

筆者、家電量販店で、

自機とPixel6aを比べて体感してきましたw

こちらはPixel6でPixel6aを撮った写真w

Pixel6aの魅力を紹介

Pixel6Pixel6a
サイズ158.6×74.8×8.9 mm
(高さ x 幅 x 奥行き)
152.2×71.8×8.9 mm
(高さ x 幅 x 奥行き)
重量207g178g
電池4,614mAh4,410 mAh
メモリ8GB6GB
ストレージ128GB/256GB128 GB
Pixel6とPixel6a比較表

CPUがすごい!

Pixel6aはミドルレンジスマホ

位置づけられています。

昨今のスマホも中華ミドルレンジなら

5万円台は沢山みつかります。

しかしPixel6aのCPU、

上位モデルPixel6とPixel6pro

同じTensorチップが使われています。

後ほど紹介しますが、

ZWIFTも問題なく動く

賢いCPUです!

やったことないですが

Minecraftもサクサク動くそうです。

サイズがコンパクトで持ちやすい

Pixel6は6.4インチ

Pixel6aは6.1インチになります。

6.4インチも悪くないですが、

もう一回り小さいと良いな思ってました。

筆者わりと手がでかいので

Pixel6aがちょうど良いという方は

多い気がします。

カメラ性能

カメラ性能は画素数で

Pixel6より落ちるものの、

前述のTensorチップのお陰で、

キレイに写真が写るそうです。

そして、Pixel6にも搭載された数々のカメラ機能

普通に使えます。

下の写真はカメラ機能の1つ

消しゴムマジックで撮影したものです。

室内だと消した後が

残ってしまいますが、

景色で試すとキレイに消すことが出来ます。

この機能は最初ビックリしますよ。

スポーツの写真がダイナミックに撮れる

Pixel6シリーズは上記以外にも

モーション撮影機能が搭載されています。

一人寂しく公園で撮った写真も

この通り大迫力に!!

ロードバイクレースだと

さらに迫力でそうですね。

アクションパンというモードで撮影

リアルタイム翻訳等の機能も健在

上記の機能消しゴムマジックや

リアルタイム翻訳機能は

Tensorチップがなせるものだそうです。
*一部下位のpixelシリーズでも可能だそうです。

ほかのアンドロイド機器だと

サードパーティーのアプリが必要になると思います。

処理スピードはチップ内で処理できる

Pixel6シリーズにはかなわないはずです。

てなわけで自転車で試してみたw

ヌルサクなZWIFT最高ww

まずはこちらの動画を御覧ください。

こちらはPixel6

スクリーンレコード機能で

録画したものになります。

Pixel6aと条件を合わすために

リフレッシュレート

60Hzで録画しました。

スムーズディスプレイをオフにすると変更できます。

全然みれる画像じゃないですか?

思いの他サクサク動くし、

下手な安いPCより最高です。

PCスペックで嘆いてる方は、

Pixel6シリーズを買って、

ミラーリング(テレビに映す)と言う

選択もありだと思います。

メモリはPixe6aだと8メガではなく

6メガになるので、

Pixel6aだと少し変わってくるかもしれません。

ただし、今回録画にメモリを使用していたはずなので、

そこまで誤差は出てこないと思います。

発熱問題は?

Pixelシリーズは昔から発熱問題が取り上げられがちです。

Pixel6とPixel6aどちらも

同じくらいの発熱というレビューを

いくつか見ました。

そんなわけで、

この炎天下(スマホ温度計36度)、

ZWIFTを起動しポケットinして

走ってみることにしました。

して結果は、、、

めちゃくちゃ熱い!!

当然か(笑)

たとえるなら、

井村屋のアズキバー

ホッカイロを間違った悲しみと同じレベル。

ぶっちゃけ、

「ヨイ子はマネするな💛」

案件ですw

全く関係ないですが、

出来立てのアズキバーはサファイアより

高い硬度だそうです。

サイクルハウスでの防水性能

あらゆる防水製品を破壊してきた、

我が家の

ZWIFT練習会場

ではなく自転車置き場

Pixel6においては今のところ高い防水性能のお陰で、

壊れることなく使用できています。
*IP68等級

ただし、Pixel6の防水等級

IP67

ワンランク落ちます。

調べてみると

一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない

らしいです。

つまり、

30分なら湿度の高いサイクルハウスでも

余裕で耐えられるということに!?、、、

なるのかな?w

注意:サイクルハウスの参考は要らない

というコメントはNOサンキューですw

まとめ

Pixel6aは賢いスマホなのに

コスパが良く、

自転車のりにも

オススメの機種になります。

  • 高いCPU性能
  • モーションカメラ機能
  • ZWIFTサクサク
  • コスパ抜群

等々、ローディーにとってありがたい機能満載です。

みなさんも、

もしスマホの購入に迷われたら

ぜひPixel6aを視野に入れてみてください(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA